映像制作を依頼する際は自分のイメージも固めておく

コンテンツ制作ではスピードが大切

コンテンツ制作においては情報の掲載が早いこと、スピーディーなことに価値があると言えます。

例えば、WEB上に存在するコンテンツの中には、全く同じ内容と言えるようなものが数多くあります。特定のニュースなどを扱うものに関しては特にそうで、世の中に同じような内容のコンテンツが溢れやすくなるのです。

そして、それら全てが注目されるわけではなく、やはり情報としてより早く世の中に発信されたものから注目されやすくなるのです。

逆に言えば、その内容がどれだけ重要なものであったとしても、発信が遅れてしまった場合、世の中に登場するのが他より遅くなってしまったときには、注目度は一気に下がります。

ということは、コンテンツ制作においてはその中身ということも重要ではありますが、誰よりも早くスピーディーに世に生み出すということが大切なのです。

中身を充実しているうちに、他人に先を越されてしまうなんてこともありますから、中身にこだわりすぎないこと、いかに早く特定のコンテンツ自体を世の中に発信するか?ということが重要と言えます。

映像制作における見る人を惹きつける構成の仕方

映像制作をするにあたっては、見ている人を飽きさせない、興味を惹きつけるための工夫が必要です。

そのためには、映像における最初と最後にインパクトを感じさせる部分を持ってくるのです。映像の長さにもよりますけど、基本的にこういったやり方をとると、最初から最後まで見ている人にとって魅力的な映像になりやすいです。

例えば、サスペンスドラマなどでは映像が始まって序盤に事件が起きるシーンがあり、最後の方には犯人を明かすシーンがあります。

これらはともにインパクトがかなり大きいシーンであり、その映像を見ている人を惹きつける効果があると言えるでしょう。

映像を作る際の全体的な構成を考えるときにはそういった内容にしていくと良いと言えるのです。

映像制作における構成では正解があるわけではないものの、見る人にとって飽きない映像を作るためには、終始惹きつけるためにはこういうアイデアというのもおすすめですし、考えていくと良いと思います。

映像制作のイメージ写真
映像制作のイメージその1

動画制作をする上で重要なこと

近年、動画共有サービスが普及してきており、個人で動画制作を行う人が増えてきていると思います。私自身も、YouTubeを利用している人の一人です。個人が動画制作をする上で心がけるべきことについてまとめたいと思います。

まず大事なのは、何を動画にまとめるのかということです。例えば動画投稿サイトで再生数を稼ぐには、情報として価値の高いことを動画にまとめる必要があります。

独自の視点であったり、誰も手にしたことのないようなモノの紹介であれば、再生数は伸びるでしょう。私の場合は、あまり普及していない格安スマホの紹介動画などは、かなりの再生回数を記録しました。

また、動画編集のソフトウェアにも、こだわる必要があるでしょう。Macbookを使っている方は、標準で入っているiMovieを使うことで高クオリティーの動画を作成できます。

一方、windowsにはMovie Makerというソフトが入っていますが、あまり高機能ではありません。無料のAviUtlというソフトを使ったり、他の有料ソフトを導入するのが良いでしょう。

動画の内容を吟味し、適切なソフトを使えば、初心者でも良い動画が制作できるでしょう。

映像制作を依頼する際は自分の中で完成形をイメージしておくことが大事

プロの制作会社であれば、「こういったものを作りたい」というものに対して「これくらいの長さで」などの情報さえ提示すれば、必要事項を挙げてくれて完成までのフローを見せてくれます。

例えば、撮影の絵コンテを起こして内容確認、撮影のための出張を何日くらいして、編集にどれだけかかるなどのスケジュール感はもちろんのこと、発生するコストも具体的な金額を出してくれることでしょう。

もしこれが何かしらの制作物が伴う様なものであれば、美術製作費も入ってくるなど色々と変わってきますし、作りたい映像によって費用や日数などのスケールが大きく変わってくるのです。
そして、こういったものは具体的な形になるまでは非常に抽象的なものであり、互いのイメージを近づける必要があります。

なので、ぼんやりと「こういう映像」というものではなく、絵コンテの時点ではっきりとした理想図を制作会社と共有しておかないと、「自分の思い通りの映像ではない」ということになることがよくあります。

なので、お金を出して制作を依頼するからには、しっかりとイメージを固めるというのを大事にする、どうしてもそれが難しい場合は「どうしても外せないポイント」というのを挙げるということは必ずしましょう。基本的に「全てお任せはナシ」は推奨されることではないと思ってください。

映像・動画編集について専門的な知識やノウハウがない場合には、それらのことを得意としている専門業者へ依頼することも選択肢のひとつですが、インターネットなどを介してさまざまな会社を検索することができる現代ではどこの映像制作会社に依頼すれば良いのか迷ってしまう場合もあります。

映像制作にかかわらず、ものづくりやクリエイティブなものを発注する場合には依頼者側と制作者側のイメージの共有が最も大切な部分になります。
完成イメージに違いがあると、いくらお金をかけて作った映像であっても依頼者の納得できる形にはならない場合もあるからです。

完成度の高い映像制作をお願いする場合には、打ち合わせを重ねることで細かい部分の確認などを行ない、お互いに制作する映像に対して齟齬を無くしていく必要があります。

このようなクライアントの希望を叶えてくれる姿勢を持った会社に依頼することで、自分の理想通りの映像作品を作ってもらえる可能性はグッと上がるはずです。

映像制作のイメージ写真
映像制作のイメージその2