採用にあたっての動画制作のポイント

法人向けリクルート映像の制作はいろいろな機会が行われていますが、自社の採用活動のために制作する場合もあります。

新入社員を迎え入れるための会社説明会などでは、あらかじめ作っておいたPR動画を公開することがありますが、そのときには動画を見る人に対して印象に残すということが重要です。ただ、別の言い方をすれば印象に残るものがあればほぼ何でも良いのです。必ずしもプラスの印象だけに限らないと言えます。

テレビCMの中には、このCMって何を伝えたいのか?よく分からないというものがたまにありますが、それはまさに見た人の印象に残すことができている状況なのです。要するに「よく分からないCM」という印象が視聴者に残れば、そのCMそのものと社名が記憶に残りやすいのです。

だから、マイナスの印象でなければほぼ何でも良いということが言え、とにかく印象に残すことができれば、ふとしたことでそういえばあんな動画を見せてくれた会社があったなと思い出す機会が増えます。

すると、その会社への意識が向きやすくなり、会社に対して調べるなどの行動を自発的にとるようになり、自社への理解が深まって、受けてくれる人が多くなるのです。

法人向け採用動画制作では、そういうポイントを頭に入れておくと良いです。