一眼レフカメラを映像製作に使用する

レンズ交換式カメラである一眼レフはデジタル化され、動画の記録も可能となりました デジタル一眼レフの高性能化が進み、高画質の動画が記録できる様になっています。

撮影をするのに必要なレンズですが、これまで映像製作に使用する様なレンズは個人で所有するにはシステム全体が非常に高額である事や複雑な操作等がネックでしたが、近年ではコンパクトなカメラでありながら高性能なミラーレスカメラのシステムに対応したシネマレンズが登場しています。

レンズが大幅に小さくなった事や動画撮影に適した設計となっているレンズを高画質を維持したまま小型化に成功しているレンズとなっています。

価格の方は写真を撮影する際に使用するレンズと比較すると高額な物が中心ですが、デジタルカメラを使って撮影する事が可能な為、写真と動画両方での撮影をレンズ交換によって適した状態で撮影できる様になります。映像製作を行う際に大掛かりな機材を準備する必要が無くなってきています。