映像制作ニーズを捉えることがポイント

法人向け映像制作に関しては規模、クオリティに至るまで本当にさまざまなジャンルでニーズが高まっています。具体的には商品プロモーション、イベントPR映像、展示博覧会のコーポレート映像、株主総会での事業紹介映像制作に至るまで様々です。

そして、企画そのものは法人の広報、営業、商品企画などさまざまな部隊が担うものの具体的な政策に関しては外注することが一般的です。これがポイントです。いかにいろいろな部門とつながりをもっていて、かつニーズをうまく捕まえた制作を進めることができるのか、これこそが大きな問題です。

法人向けの営業を奥にとどまらず、いかに制作ディレクターが機能してニーズにこたえ、かつコストパフォーマンスに優れた制作を可能にするかというところです。

今後は、平面的な映像だけではなく、AR、3Dといったさまざまな映像ニーズがあるはずです。技術面でも常に新たな取り組みを進めることが法人向け映像制作のニーズに答えていけることにもつながります。