自分を主体に映像制作を行う場合のテクニック

ユーチューブにアップする映像にしても何か他のための映像にしても、自分を主体に撮影や編集をすることがある人は少なくない時代になりました。今は無料の編集ソフトをネットでダウンロードできますし、スマホでもある程度は映像編集できるようになりました。自分が喋っている映像を撮影する場合、どういった映像を製作するかによりますが自分を「良く」映すためにはカメラの角度を斜め上からにすると効果的です、特に実年齢よりやや若く見せたい女性にはお勧めの角度です。しかし男性などの場合で何かを教えている映像の場合は逆に正面から真っすぐの角度で撮るかやや下からの角度で撮ることがお勧めです。その方が権威ある立場の雰囲気を演出することが可能となります。写真の場合も同じですね。自分を「小さく」見せたい場合はカメラを上からの角度の設置し、自分を「大きく」見せたい場合はカメラを下からの角度にすると効果的です。目的に合わせてカメラの角度を変えることにより無意識的に視聴者の心理状態を微妙に操ることが可能となるのです。