映像制作に効果的に使われる色

映像制作で大事なのはビジュアル、音声など視聴者に刺激与えること。映像制作で色は効果的に視聴者に刺激を与えられるのです。

人は目に写る色から無意識で心理的影響を受けていて観るものの感情、潜在的判断など左右するほどの力があります。そして映像制作で色の使い方次第で視聴者に与える影響を変化させられるのです。

ですが、世の中いろいろな映像があふれており、より人の興味を引く映像を制作しなくては、印象に残せません。ただ目立つことだけ重視した映像は視聴者にマイナスな印象を与えてしまうのです。そして、普段の生活の中で印象に残る映像は色の心理的効果を意識して作られてるのが多くて、短い時間で視聴者の関心、興味を引く映像を作ることになります。

色の心理的効果を映像で発揮させるには配色が大事ですが、アピールするターゲットをしっかりと定めましょう。色はそれぞれ特徴があって性別、与えたいイメージなどターゲティングをしっかりしてみることにより配色が変わるのです。男性は黒、女性は赤、若い方に対して派手な色など使用してみれば効果が望めます。