映像制作をするときに気をつけたい2つのこと

企業向け映像制作を行う際に失敗しないためには、2つの気をつけたいことがあります。

1つめは誰に何を伝えたいのかと明確にすることです。
映像を制作する目的は、誰かに何かを伝えたいからのはずです。何となく映像を制作しても伝えたいことは伝わりません。
どんな人に見てもらいたいのか、どんな人が見ることを想定しているのか、そして一番伝えたいことは何なのかを考えて映像制作をしましょう。
その際、伝えたいことをあれもこれもと詰め込み過ぎると、結局何が言いたかったのかわからなくなってしまいます。伝えたいことは多くても3つまでにするとよいでしょう。

2つめの気をつけたいことは予算と納期です。自社で映像制作する場合も、専門の映像制作会社に依頼する場合でも、予算と納期を考えて作業を始めます。
高品質な映像を求めれば、費用はそれなりにかかります。予算に区切りをつけなければ、どんどん予算がかさむ一方です。納期を決めていなければ、些細なことが気になって完成までに時間がかかってしまいます。こういったことを防ぐために、予算と納期を作業開始前に決めておきます。